Fin-ch x 子の日 万能骨スキ















「一生物を手にするということ。」

「子の日(ねのひ)」というブランド、人と出会った。
物造りでの考え方、独創性、技術。そして拘り。
話をしているとフィンチのコンセプトを思い出さされるほど刺激的な時間でした。
流行を追いかけず、自分たちの求めるものを我儘に追及する。その言葉は雷を落とされたかのように、その時間は前のめりで聞いてしまうほどに。
社長、職人さんが「子の日」と「フィンチ」でのオリジナルをやってみませんか?とのお言葉に有難く、考えることなく返事をさせていただきました。
子の日と言う刃物ブランドは世界に向けて発信しているブランド。世界で認められているブランドと一緒に楽しいことを追い求めたい。
ですが、料理人ではない私どもには刃物は未知の世界。
そんな料理人でもない、素人とも言える釣り人向けの包丁。
誰もが使い易く、魚を〆る、捌く、調理する・・・そんな包丁あるのだろうか。
そんな不安を一蹴してくれほどに直ぐにアイデアを貰いました。子の日の職人さんもアウトドアや釣りをするので形状は一目で決定。
魚を捌いたり、調理する包丁にも使え、アウトドアなどに必需なナイフとしても使える。そんな万能包丁。
出来上がりを持った時には感動すら覚えるバランス。一般的な物と比べて重いと感じるかもしれませんが、いざ使ってみるとバランスの良さに驚かされます。
釣りをする人なら重いロッドでもバランスの良さで軽く感じる、その感覚。
切れ味、バランス、使用感覚、そのどれもが世界を相手にしていると体感できるアイテムです。
持ち手の人口大理石はフィンチオリジナル。地球と宇宙をイメージできるようなラピス石のような深いブルー。
一言で言うとこんなカッコいいの見たことない。早く持っていただきたい。
そう思って貰える様な1品です。
まさに一生物。
そして持ち運び用に専用のレザーケースも数量限定で作っております。(別売り)
重厚なレザーに拘り、経年変化も楽しめる。一生物というのは細部まで妥協をしないということです。

 

「株式会社 子の日」

子の日は世界中のプロの料理人を相手に包丁製造元で「和包丁」「洋包丁」ともに独自のブランドにて包丁製作を行っております。
和包丁: 子の日ブランド
洋包丁: NENOXブランド

神奈川県の工場をはじめ、刃物産地で有名な大阪府堺市、岐阜県関市に契約工場を持ち超一流といえる職人を抱え、特に品質の高い包丁作りを目標にしております。
弊社製品は子の日ブランド、NENOXブランドともに日本国内は勿論、世界中のトップシェフにご愛用いただいております。

洋包丁:NENOXブランドは錆びにくい鋼材を使いながら、日本の料理人さんのシビアな切れ味への要求に応えるために開発した包丁です。
近年、洋包丁は錆びにくい包丁というのが大前提となっておりますが、従来では錆びにくいというメリットと引換に包丁自体の性能(切れ味、切れ味の持続性など)を犠牲にしてきました。
NENOXはまず「切れる」事を第一に、切れ味の持続性、研ぎ易さ、バランスなど様々な実用面を考慮して製作しています。
(*切れ味の持続性:包丁研ぎの回数が減り仕事が楽になります)

また特注包丁(カスタムオーダー)も得意としており、弊社でしか製作できない様な包丁も多くあります。
実用的な特注包丁、お店の看板に装飾に拘った特徴包丁、世界に1本しか無い様な特注包丁など様々な要求にお応えします。
弊社の方針は直接料理人の皆様から頂くご要望に出来る限り応える事です。
今後も調理現場での要望に合った包丁作りを今後も続けてまいります。


「NENOX特徴」

「鋼材主成分」*主成分以外は公開しておりません。
・カーボン  約1.0%(和包丁の鋼とほぼ同等の含有量)
*カーボン=主に切れ味、硬さに影響の高い成分です。
・クロム 約15%
*クロム=耐食性(錆びにくさ)、耐摩耗性(削れにくさ)に影響の高い成分です。
を主に含んでいて、不純物が少ない為 ばらつきのない、きめの細かい組織をしています。
切れ味の良い、刃持ちの良い包丁に仕上がります。
業務用の包丁として使用されている鋼材の中では最上級の鋼材といえます。

上位モデルの「NENOX 」に使用されている鋼材はハイカーボン特殊鋼をベース
に加え耐食性、耐摩耗性、極めの細かさを更に向上した鋼材です。
切れ味、刃持ち、耐久性、扱いやすさといった包丁の理想を高次元で実現しています。

どちらの鋼材も硬度が65HRC近くまで硬くなりますが、このままでは硬すぎて包丁と
しては使いづらい為、硬度〜61HRC程まで熱処理により硬度を下げ、安定性が高く包丁としての性能が最も発揮される状態に仕上げています。

特に高性能の鋼材は、その性能を活かした包丁にするためには高い製造技術と手間が掛かります。
大量生産をすると機械作業が多くなりますが、削り方によっては研磨の際の摩擦熱で鋼材は劣化し本来の性能が発揮されなくなります。
熱が掛からない製法、またユーザーが使いやすい形状を追求すると、包丁の形状を少しずつ削りだして行く必要があり、手作業での職人の勘をいかした技術力が必要となります。
最高峰の鋼材を劣化させずに「切れ味」を活かし、形状でも摩擦を減らして「切れ味」を活かす、という包丁作りを重視しております。

NENOXは全鋼(一枚の特殊鋼)で製作されていますので、包丁の曲がりが少なく、調理師の好みの刃の角度に変更しても(使っているうちに形状が変わっても)いつも切れ味の良い鋼材部分を使う事ができます。
NENOXは調理師が実際に使い込んだ意見をフィードバックさせ改良を重ねた包丁です。
実際に使った時のバランスの良さ、使い易さなどの使い勝手の良さを特に重視しています。
グリップ部分は人間工学に基づき設計されており、握った時に力が入れやすく、長時間の使用でも疲れない形状です。
NENOXは多くの有名シェフに愛用していただいております。


※エンド部分にお名前をレーザー刻印を無料で致します。備考欄にて入れたい名前を記載ください(例:元樹)
※レザーケースは30個限定になります。こちらも日本の革職人による一品です。
※刃自体は両刃になりますがシノギ(カクッと段になっている部分)が右と左では逆になりますので右利き用、左利き用どちらかで御注文ください。
※完全受注生産となります。納期まで2か月ほど見ていただけると助かります。受注生産につき如何なる理由でもキャンセルができませんのでご注意ください。

Nenox s-type デュポンコーリアンFin-ch特注色(エルダーベリー)
万能出番(骨スキ)150mm

Fin-ch x 子の日 万能骨スキ

販売価格: 35,640円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

カテゴリ 在庫
右利き用
左利き用
専用レザーケース

販売価格: 35,640円(税込)

数量:

レビュー

0件のレビュー