Newバルトロメ - Tiny monkey(ダークブラウン)

 





 



 


新しくなったバルトロメは、生地も薄手になり、コンパクト。


極寒仕様の厚手だった前回に比べ(バルトロメヘビー)、今回はあくまでミッドシェルの位置付けを再認識したモデルといえます。


中に厚手の物を着る、という用途から、初代バルトロメのサイズ感を踏襲し、前回厚手よりも僅かに小さくなります。


また、暖かさを追求していた歴代バルトロメ最大の悩みであった毛玉の問題が大幅に解消され皆無に。


上から羽織るジャケットに悩むこともなくなりました。


冬から春にかけて、気温に体調を左右されたくないアングラーのための、マストアイテムになれば幸いです。


 


<子猿の気持ち>
楽しい時間はあっという間です。


結果に関わらず、また来たい、連れて行ってもらいたい、そんな子供たちの思い出の体験を、小川健太郎がイラストにしました。


イラストの猿は魚を取り逃がしているように見えますし、逃がしに行ったようにも見えます。


水面に映っているお月様を掬いに行ってるようにも見えます。


結果やお土産にとらわれず、その一回のお出かけの、体験が心に残るような、そんなツーリングにしたいですね。


「また連れて行ってね!」


こんな気持ちを、今も我々は追いかけているのではないでしょうか。


そして偶然?必然?今年の干支は申年です。縁起良いを背中に背負い。


 


フィンチのスタートとなったモデル、バルトロメはガラパゴス諸島に属する火山島。


ダーウィン”フィンチ”は、チャールズ.ダーウィンが、この鳥の存在と南米大陸に近縁種がいることから、「進化論」を着想した。


そしてこの思いからバルトロメの良いところを残しつつ、「バルトロメヘビー」と進化しました。


 


デザインはタイト。伸縮性があるから、ほとんどの体型にフィットします。


キュっとスタイル良く着ることができるフリースです。上着として着てもいいし、ミッドとしても。


タイトに着たい方はワンサイズ小さい物を選ぶといいと思います。


 


・腕には小豆島産のオリーブに包まれたブランドロゴを。


・袖丈は一般的な物より長くし、前回好評だった指通しを。バイクや自転車に乗る時にも風の侵入を防ぎ快適です。


・両胸に大型ポケットを付け、チャックは防水チャックを施し形態などの大事なものを浸水から防ぎます。


・そしてバルトロメと言えば遊びと実践を兼ねたデカジッパー。普通のジッパーと比較すると一目瞭然のインパクト。これはゲンキマンが海外を放浪中に戦車の大砲に付けられていたカバーをヒントにしました。軍事用などに使われるサイズ。強いけど軽い…そして上げ下げする時に発生する何とも言えない音と感触。たまりません。そして極寒場所や朝まずめでは凍らないというメリットも。


実はバルトロメが年間通して一番着用されています。真夏以外は夜、ちょっと肌寒いなというときに重宝します。


良い思い出のお供にしていただけると嬉しいです。


 


サイズ表


(例:ゲンキマン 178センチ 72キロ Lサイズ)

 SMLXL
着丈65677072
肩幅48505256
胸幅54565860
袖丈60616363

企画製造:藤田元樹(ゲンキマン)


画・色: 小川健太郎(オガケン)


素材:コットン・ポリエステル100% 


 


※ 2月8〜13日、19〜22日の間は出張の為発送業務ができません。宜しくお願いします。

Newバルトロメ - Tiny monkey(ダークブラウン)

販売価格: 8,400円(税込)

SOLD OUT

レビュー

0件のレビュー