Isabela・cool dry(イサベラクールドライ) 紅赤(べにあか)











「風が通り抜ける生地」


前から受けた風が背中に抜ける。
そしてこの生地は通った風を冷気に変えるクール生地になっておりテストを繰り返した熱帯国のアマゾン、オーストラリア、タイ、香港、マカオでも爽快そのものでした。
直射日光に当たり続けても色あせすることも殆どなく、強いドライ素材そのもの。
暑い日本の夏くらいでしたら難なく乗り越えれるでしょう。


袖口にはフィンチならではの秘密があります。
袖を捲ると長時間経つと締め付けが気になったり、垂れてきたりが私にとっては凄くストレス…
ここをなんとか解消すべく、この4本のラインを入れ、超ストレッチ糸でロックする事により、締め付けすぎず、ずり落ちてこず、、袖口がストレスフリーになりました。
このちょっとした事ですが、かなりの時間を費やした結果、生地を摘んでロックすることによりできた伸縮。
勿論強度は通常のロックよりも何倍も強くなっております。
炎天下の中、外で遊んで帰ってきて日焼けで後悔した…毒虫にやられて酷い事になった・・・ なんてないように。。。


そしてイサベラシリーズと同様に前身頃よりも後身頃の裾を若干長くし、段違いにしています。
これは、座ったときやしゃがんだ時に背中やお尻が見えないというメリット以外に風や虫さされからも腰を守る工夫です。スリットを入れることにより前と後ろの裾が干渉しないため、布地の重さの違いで前が持ち上がりにくいようにしました。


<幼少の頃のお話です>

私はかれこれ一時間以上もの間、水族館のとある水槽の前で陣取り、眺めていた魚が居ました。
あまりの見事な魚体、フォルムに、その場に釘付けになったのです。
いつかこの魚を釣ってみたい。触ってみたい…。
あれから三十年近くの時を経て、その夢を叶えることが出来ました。
手が震える魚はこれまでにも手にしてきましたが、あとにも先にも、腰が抜けたように動けず、叫んでしまったのは、この魚だけです。
そんな思い入れのある巨大魚・ピラルクへの幼少期の夢を乗せたシャツを作りたい。 これがフィンチ設立に際して最初に考えたプロダクトでした。
・ピラルク 学名:Arapaima gigas 一億年前から生息していると言われ生きている化石ともいわれる世界最大種の淡水魚。
天敵であるピラニアから体を守るために、鎧のように硬いウロコに「進化」していけた事から現在も生息する。


・紅赤(べにあか)とは、光の三原色のひとつである赤と絵具の三原色の紅の中間の色で、わずかに紫みを含んだ鮮やかな赤色のことです。基本色名に修飾語を組み合わせた「系統色名」の表記では紅色と同じ「鮮やかな赤」となっていますが、色見を数値化したもので比べると紅色よりも少し薄いピンクに近い色になります。


※実釣しているイメージ写真は一部デザインが違いますのでご注意ください。

素材:ポリエステル100% 特注クール素材


例:ゲンキマン 178cm 76キロ Lサイズ
   オガケン   175cm 55キロ Mサイズ
  キャプテン  175cm 68キロ Mサイズ
  しげる     176cm 70キロ  Mサイズ
  塾長      172cm 79キロ XLサイズ
  ムネキン  171cm 72キロ Mサイズ
  イトウ    177cm   78キロ Ⅼサイズ
  ヤマウチ  165cm 62キロ Mサイズ

サイズ表 (一般的なサイズですがお手持ちのTシャツと比べていただけたら安心できるかと思います)

 XLXXLXXXL

後身丈

677073767979
肩幅4244464849.552
身幅495153555759
袖丈616365676971

企画・製造: 藤田元樹

画: 吉田周平・小川健太郎

Isabela・cool dry(イサベラクールドライ) 紅赤(べにあか)

販売価格: 6,000円(税別)

サイズ 在庫
XL
XXL
XXXL

販売価格: 6,000円(税別)

数量:

レビュー

0件のレビュー